前へ
次へ

郵便局での返品ではなく切手買取店へ売ることが可能

昔ほど手紙を書いて郵便で送る機会が少なくなった現代では、人とのコミュニケーションツールとして、インターネットを利用したメールを使うことが多くなっています。郵送であれば手紙を書いたりはがきに書いて、ポストに出して郵便屋さんに配達をしてもらうので、相手に届くまでには数日の期間が必要です。でもメールであれば送信をクリックすることで、あっという間に相手に届いてしまいます。手紙を出すためにたくさんの切手を購入したものの、なかなか使い道が無くなってしまうことはありますが、そのまま引き出しにしまっておいてはもったいないです。使わないまま古くしてしまい、裏面のノリもあまりきかなくなってしまう前に、切手買取で買取をしてもらうことができます。郵便局やコンビニなどで買った切手は、払い戻しをして現金にすることはできません。使わないという理由で郵便局へ行っても、返品をすることはできないですが、切手買取をしているお店なら買取をしてもらうことができます。

Page Top